よくあるご質問

 Q.申告期限の何日前に頼めば良いのですか?
 Q.申告していない前期分の代行も頼めますか?
 Q.遠方なので1度も会わないで頼めますか?
 Q.電話で相談できますか?
 Q.相談料は無料ですか?
 Q.土日・祝日に相談できますか?
 Q.事前予約をしないで相談できますか?
 Q.見積もり以上の金額は請求されませんか?
 Q.会計ソフトは何を使われていますか?
 Q.申告後に銀行から借り入れしたいのですが?
 Q.税務調査の立ち会いはしてもらえますか?
 Q.節税対策の相談もできますか?

申告期限の何日前に頼めば良いのですか?

 会計ソフトでデータ入力済の方の場合で最短納期は約1週間です。また、会計ソフトによるデータ入力が済んでいない方の場合は最短納期は約2週間となります。ただし、お客様の売上高や口座の数、入力仕訳数によって違ってきます。また、法人税の申告だけでなく消費税の申告が必要な方や、過年度分の申告をしていない方もいらっしゃると思いますので、実際はご面談による相談の結果、正確な納期をお知らせいたします。ですから、できれば決算の1か月前にはご依頼があるのが望ましいといえます。
 なお、仕訳数が少ない場合は特急対応により最短納期3日でご希望に対応できる場合がありますが、別途追加料金をいただきます。

申告していない前期分の代行も頼めますか?

 もちろん大丈夫です。赤字だったからや、忙しかったからという理由で申告をされていない方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、それは申告をしなくてもよい理由にはなりません。2期連続で法人税の申告を遅れると、青色申告が取り消され税務上不利になります。 また、融資を受けることも難しくなります。ですから、早めに当事務所へご相談ください。

遠方なので1度も会わないで頼めますか?

 申し訳ないですが、1度もお会いしないで仕事を受けることはできません。ネットの時代とはいえ、当事務所は人と人との直接の対話を重要視しています。直接お会いしてお客様のご相談にのることによって、最適な決算や申告ができると思っています。ですから、当事務所は基本的に東京23区のお客様を中心に申告の代行を行っています。もちろん、それ以外の地域(神奈川、埼玉など)の方でも、お会いすることができるならば仕事を受けることができます。

電話で相談できますか?

 当事務所の代表税理士中島がお会いしたことのある方で、現在、当事務所のサービスを受けている方であれば電話相談は可能です。なお、1度もお会いしたことがない方との電話相談を受けることはできません。1度もお会いしたことがない方は、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡していただき、ご面談による無料相談の事前予約をしてください。

相談料は無料ですか?

 ご依頼・お見積もりに関するご相談に関しましては一切報酬をいただくことはありませんので、お気軽にご相談下さい。なお、ご依頼・お見積もりに関係ないご相談に関しましては、30分当たり1万円の報酬をいただきます。

土日・祝日に相談できますか?

 当事務所は、基本的に土日・祝日は営業いたしておりません。ただし、事前に予約をしていただければ、ご相談にのれる場合があります。まずは、その日時が可能であるかを、当事務所にご連絡して確認いただければと思います。

事前予約をしないで相談できますか?

 申し訳ないですが、必ず、事前予約が必要となります。当事務所では、代表税理士の中島が直接お会いして無料でご相談を伺うことになっています。中島は知識と経験が豊富のため、どんなお客さまの質問の回答にも時間がかからず、スピーディかつ的確な対応が可能だからです。お客様が当事務所に突然いらっしゃられても、中島が事務所にいるとはかぎりません。そのため、必ず、事前予約のうえご相談を伺うということになります。なお、お急ぎの方の場合は時間を調整して、その日のうちに予約がとれる場合もありますので、まずは、当事務所にご連絡して確認いただければと思います。

見積もり以上の金額は請求されませんか?

 いったんお見積もりをしましたら、それ以上の金額をご請求することはありません。ただし、その後、お客様の都合で領収書等の追加資料をお出し等になった場合は別途追加料金をいただきます。

会計ソフトは何を使われていますか?

 当事務所では、勘定奉行(OBC)と弥生会計に対応しています。理由は、この2つの会計ソフトで圧倒的なマーケットシェアを占めており、多くの会社が利用しているからです。

申告後に銀行から借り入れしたいのですが?

 当事務所では、銀行の信頼度が高い「中小企業会計指針」に基づいて決算書を作成しています。銀行や信用金庫など金融機関から借り入れを検討されている方は、決算書を作成する前に当事務所へご相談ください。

税務調査の立ち会いはしてもらえますか?

 申告書に代表税理士中島による税務代理権限証書を添付いたしますので、申告書提出後の税務署からの問い合わせ、税務調査については税理士中島が責任をもって対応します。

節税対策の相談もできますか?

 もちろんできます。 代表税理士中島は租税判例研究会に所属しており、また、人気サイト「節税の達人」を運営しています。節税に関しましてはプロ中のプロです。ただし、決算後においてできる節税はほとんどないため、決算日(事業年度末)前までに、ご相談ください。


▲ページトップに戻る